北日本、夜から猛吹雪 日本海側、2日にかけ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は1日、冬型の気圧配置が強まるため、2日にかけて北日本(北海道、東北)と北陸で暴風や猛吹雪になる恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、列島の上空に強い寒気が流れ込むため、北日本の日本海側を中心に1日夜から断続的に雪が降り、2日は大雪となる所もある。

 2日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道と北陸で20メートル(35メートル)、東北で18メートル(30メートル)。予想される波の高さは、北海道、東北6メートル、北陸5メートルとなっている。