コロンビア和平成立 内戦終結、下院が承認

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【リオデジャネイロ共同】コロンビア下院は11月30日、半世紀余り続いた内戦を終わらせるため政府と左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)が署名した新和平合意案を採決し130対0で承認した。上院は29日に承認しており、和平が正式に成立した。約22万人が死亡し、数万人が行方不明になった内戦は終結。FARCは武装解除を進め、政党として再出発する。

 サントス大統領は和平への努力が認められ、ノーベル平和賞受賞が決まっており、12月10日に授賞式が行われる。

 ただ、反対派は上下両院で採決をボイコットするなど反発、合意の履行に向けた法整備などで今後も曲折がありそうだ。