川内原発の運転再開容認 鹿児島知事「権限ない」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 鹿児県議会定例会で厳しい表情を見せる三反園訓知事(下)。九州電力川内原発1号機の運転再開を事実上容認した=1日午後

 鹿児島県の三反園訓知事は1日の定例県議会で、九州電力川内原発の安全性を議論するため新設する検討委員会に関し、8日にも予定される川内1号機の原子炉起動前の設置にこだわらない考えを示した。「私に原発を動かすかどうかの(決定をする)権限はない」とも強調した。事実上、定期検査からの運転再開を容認したことになる。

 九電は川内1号機の運転再開への起点となる原子炉起動を8~9日に予定しており、三反園氏がそれまでに運転再開の延期を求めるかどうかが焦点だった。三反園氏は県議会で代表質問に対し「8日がどうこうで(検討委を)設置するわけではない」と答弁した。