自民、カジノ法案2日に採決方針

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党は1日、衆院内閣委員会の理事懇談会で、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案について、2日の委員会採決を提案した。民進、共産両党は拒否し、反発した。自民党は委員会可決後、6日に衆院通過させる方針。慎重審議を求める公明党は山口那津男代表ら幹部に対応を一任した。ただ自民党の強硬姿勢を受け、幹部からは採決を受け入れざるを得ないとの容認論が強まっている。

 公明党は2日午前の委員会開催前に、常任役員会を開き、対応を決める段取り。日本維新の会は法案に賛成している。民進党は採決時に退席する見通し。参院段階では反対する方向で意見集約を進める構え。