スキー渡部暁2位、渡部剛が3位 W杯複合予備飛躍

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は1日、リレハンメルで個人第3戦の予選を兼ねた予備飛躍(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、渡部暁斗(北野建設)は97・5メートルの132・4点で2位となった。99メートルを飛んだ渡部剛弘(ガリウム)が132・2点で3位。日本勢は6人全員が本戦に進んだ。

 清水亜久里(ユーグレナ)は17位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は20位、渡部善斗(北野建設)は21位、加藤大平(サッポロノルディックク)は25位だった。予備飛躍は本戦の前半飛躍が悪天候などで実施できない場合に採用される。