自動靴ひもスニーカーを発売 約8万円、ナイキが米で

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米ナイキが1日発売した靴ひもが自動で締まるスニーカー「ハイパーアダプト1・0」(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米スポーツ用品大手のナイキは1日、靴ひもが自動で締まるスニーカーの販売を米国で始めた。1980年代後半のヒットSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」に登場した靴をヒントに開発、価格は720ドル(約8万2千円)。米メディアからは「高すぎる」と不満も。

 名称は「ハイパーアダプト1・0」で、ニューヨークの中心部マンハッタンの2店舗で売り出した。かかと部分のセンサーが反応して靴ひもが締まる。電池を内蔵、モーターでひもを締める仕組み。

 この日の店舗販売は予約制。顧客を限定する形で11月28日にインターネットで予約を受け付けていた。