カジノ法案、衆院委可決 野党反発「審議不十分」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 統合型リゾート施設整備推進法案を、自民党などの賛成多数で可決した衆院内閣委。右奥は、採決に抗議する民進党ら=2日午後

 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案は2日午後の衆院内閣委員会で採決され、自民党などの賛成多数により可決された。秋元司委員長(自民党)が採決すると職権で決めた。推進する自民党は6日の衆院本会議で可決し、今国会中に成立させる構えだ。慎重審議を求めていた公明党は常任役員会で自主投票とすると決め、採決を容認した。民進党と共産党は「審議が不十分」と猛反発した。

 法案は11月30日に審議入りしたばかり。ギャンブル依存症などへの懸念が出ている中、自民党がスピード採決を押し切った。