コロンビアで殺害学生の遺体帰国 両親「無念でならない」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 コロンビア中部のメデジンで強盗に殺害された千葉県船橋市の一橋大4年、井崎亮さん(22)の遺体が2日午前、成田空港に到着した。遺体はその後、千葉市中央区の千葉中央署に搬送された。県警は刑法の「国外犯」の規定を適用し、遺体の状況を調べるなどして捜査を進める。

 井崎さんの両親は県警を通じて「このようなかたちで突然に命を奪われ、まだ信じられません。無念でなりませんが、私たち家族にとっては誇りの息子でした」とのコメントを発表した。

 井崎さんは来年3月末までの休学を利用し、途上国を中心に海外を旅していた。メデジンで11月19日、強盗に銃で撃たれて殺害された。