玄海再稼働「反対」を伝達 佐賀副知事に伊万里市長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 九州電力玄海原発3、4号機の再稼働に反対する意向を佐賀県に改めて伝えた同県伊万里市の塚部芳和市長=17日午後、佐賀県庁

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働を巡り、同県伊万里市の塚部芳和市長は17日、県庁で副島良彦副知事と会談し「再稼働には反対だ」と改めて伝達した。その上で、県が再稼働に同意するかどうか判断する際には、安全性に関する住民不安を十分考慮するよう申し入れた。

 塚部市長は「市民は原子力災害に対する大きな不安を抱いている」と反対の理由を説明した。これに対し、副島副知事は「県としても県民の安全は何よりも大切だ。伊万里市の意見も聴いていきたい」と応じた。

 伊万里市は市域のほとんどが玄海原発の半径30キロ圏に含まれる。