日立、竹をバイオマス燃料に カリウムと塩素抜く技術開発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日立製作所が竹からつくったバイオマス燃料用のペレット=9日、東京都千代田区

 日立製作所は9日、竹からカリウムと塩素を抜き取ることで、バイオマス燃料に使う技術を開発したと発表した。そのまま燃やすとボイラー設備や周囲の環境に悪影響を与えるため、従来は不向きとされてきた。抽出したカリウムなどは肥料として活用できるという。

 日本各地で放置竹林が増えて里山の荒廃につながっていることから、有効利用が課題となっている。福岡県八女市と北九州市と協力し、開発を進めてきた。今後、事業化して自治体や業者への提供を目指す。

 竹に多く含まれるカリウムと塩素は、設備の劣化やダイオキシンの発生につながる。