「AIバス」で最適ルート走行 ドコモ、18年度開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 NTTドコモは9日、人工知能(AI)を活用し、利用者の需要に応じて最適ルートを時刻表に縛られず走行する「AI運行バス」のサービスを2018年度中に始めると発表した。利用者が少なかったり運転手が不足したりして通常の路線バスを維持することが難しい地域でも柔軟に運行できるサービスとして、交通事業者に売り込む。

 北海道函館市のベンチャー企業「未来シェア」と配車システムの開発を進める。観光地の移動手段としての活用を見込み、JTBと近く実証実験を始める。名古屋市のタクシー会社とは、相乗りタクシーでの利用を目指して実験を行う。