中国中銀「人民元は安定」 周小川総裁が会見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 全人代に合わせて記者会見する中国人民銀行の周小川総裁=10日、北京(共同)

 【北京共同】中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は10日、北京で開会中の全国人民代表大会に合わせて記者会見した。人民元相場について「中国経済の安定や構造改革に伴い、今年は比較的安定して推移するだろう」との見通しを示した。

 米国のトランプ大統領は、中国が輸出促進のために人民元レートを意図的に低くしていると批判している。

 中国国内では、不動産バブルなどがもたらす金融リスクを抑えることが課題になっている。

 人民銀は今年、引き締めにも緩和にも偏らない「穏健・中立」的な金融政策を維持する方針。

 周氏は在任期間が14年を超え、今後の去就に注目が集まっている。