D組、イタリアが逆転サヨナラ WBC、メキシコに10―9

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 メキシコ戦でサヨナラ勝ちし、喜ぶイタリアの選手たち=9日、グアダラハラ(ゲッティ=共同)

 【グアダラハラ(メキシコ)共同】ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次リーグD組は9日、メキシコのグアダラハラで始まり、イタリアが地元メキシコに10―9で逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 イタリアは4点を追う九回に3連続二塁打などで追い上げ、最後はアンドレオリの2点適時打で試合を決めた。メキシコは抑えのオズナ(ブルージェイズ)が乱調だった。

 10日は前回準優勝のプエルトリコと優勝候補の一角のベネズエラが対戦する。