電機、ベア月千円で決着へ 2年連続前年割れ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日立製作所など電機大手の2017年春闘交渉は10日、賃金水準を引き上げるベースアップ(ベア)が月額千円で決着する方向が固まった。ベアは4年連続となるが、前年の妥結水準を2年連続で割り込む。企業業績は伸びておらず、厳しさがにじむ結果となった。

 電機とともに春闘相場をリードする自動車も大詰めを迎えているが、経営環境の先行き不透明感を背景に経営側は慎重な姿勢が目立ち、15日の集中回答日に向けて労使の攻防が続く。経済の好循環を実現するため政府が求めた大幅な賃金の改善は難しい情勢だ。