亀田和毅、国内復帰戦で勝利 元WBOバンタム級王者

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 元世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者で亀田三兄弟の三男、亀田和毅(協栄)が10日、東京・後楽園ホールでマイク・タワッチャイ(タイ)とノンタイトル10回戦を闘い、3―0で判定勝ちした。スピードで圧倒し、6回には右ストレートでダウンを奪った。日本での試合は2013年12月以来、3年3カ月ぶり。

 13年の世界戦で次男の大毅(引退)が敗れても王座を保持した問題で、当時所属した亀田ジムの会長らが14年に処分を受け、日本で試合ができない状態が続いた。昨年10月に協栄ジムと契約し、ライセンスを再取得して国内での活動が認められた。