バド、山口茜らが4強入り 全英オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 女子シングルス準々決勝でショットを放つ山口茜。4強入りを果たした=バーミンガム(共同)

 【バーミンガム(英国)共同】バドミントンの全英オープンは10日、英国のバーミンガムで各種目の準々決勝が行われ、女子シングルスで第7シードの山口茜が第4シードの孫瑜(中国)に2―1で逆転勝ちし、4強入りを果たした。11日の準決勝で元世界選手権女王のラチャノック・インタノン(タイ)と対戦する。混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組もベスト4入りした。

 男子シングルスの坂井一将、男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組、女子ダブルスの福島由紀、広田彩花組、福万尚子、与猶くるみ組、米元小春、田中志穂組は敗退した。