朴氏派、襲撃呼び掛けか

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ソウル共同】韓国の憲法裁判所が朴槿恵前大統領の罷免を決定した直後に朴氏支持者が日韓メディアのカメラマンらを暴行し負傷者が出た事件で、朴氏支持団体の幹部が取材陣の襲撃を集会参加者に呼び掛けたとみられることが11日までに分かった。聯合ニュースが報じた。

 韓国メディアのカメラマンらでつくる「韓国写真記者協会」は10日、団体を非難し、謝罪を要求する声明を出した。

 この幹部は「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」のチョン・グァンヨン報道官。朴氏の罷免決定が出た後「朴大統領を追い出した記者を全員捜し出す」と発言、直後から集会参加者の報道陣への暴行が始まった。