東北ゆるキャラ、熊本でエール 被災地の復旧願う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東北と熊本の被災者に向けてエールを送る「くまモン」(中央)と東北のご当地ゆるキャラたち=11日午前、熊本市

 東日本大震災から6年となる11日、昨年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本市に、東北6県と熊本県のご当地ゆるキャラが集結するイベントが開かれ、それぞれの被災地の復旧・復興を願った。

 熊本市中心部の辛島公園の会場には、熊本県の「くまモン」、岩手県の「そばっち」、宮城県の「むすび丸」、福島県の「キビタン」ら計11種類のゆるキャラが集合。会場に集まった約500人と、復興を願って「東北、熊本、えいえいモーン」と声を合わせた。

 イベントに参加した蒲島郁夫熊本県知事は終了後、記者団に「今日は熊本と東日本大震災の両方の復興を願う日にしたい」と話した。