新潟で地酒500銘柄飲み比べ 85酒蔵が集結

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新潟県の地酒の試飲イベントで、乾杯する来場者=11日午前、新潟市

 新潟県の地酒が500銘柄以上集まる毎年恒例の試飲イベント「新潟淡麗 にいがた酒の陣」が11日、新潟市中央区の朱鷺メッセで始まった。12日まで。昨年は2日間で約12万人が来場した。

 会場には85の酒蔵が出店。試飲チケットと引き換えたおちょこを片手にブースを回り、杜氏や酒蔵の店員から話を聞きながら、好きなだけ飲み比べができる。

 昨年12月の糸魚川大火で全焼した同県糸魚川市の「加賀の井酒造」も出店。日本酒は準備できなかったが、仕込みに使う予定だった酒米を食用に精米した商品などを販売。18代目蔵元の小林大祐さん(34)は「頑張っての声に応えたい」と意気込んだ。