金正男氏の身元確認で臆測 マレーシア警察、詳細明かさず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 10日、クアラルンプールのイベントで話をするマレーシア警察のカリド長官(AP=共同)

 【クアラルンプール共同】マレーシア警察は、首都クアラルンプールの空港で殺害された男性が北朝鮮の金正男氏だと最終確認した。家族の協力が不可欠とされた身元確認をどう進めたかを警察は明らかにせず、確認の手法を巡りさまざまな臆測が出ている。

 10日に身元確認を発表したマレーシア警察のカリド長官は、確認方法について「証人の安全」の確保を理由に明らかにしなかった。警察関係者は「特別な方法」で家族のDNAを入手したと語ったが、入手ルートの詳細は不明。正男氏の息子ハンソル氏ら家族の所在は分かっていない。