70代2女性死亡、男性切られる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2女性が倒れているのが見つかった集合住宅=11日夜、和歌山市

 11日午後3時35分ごろ、和歌山市出水の平屋の集合住宅に住む無職大樹花子さん(71)が隣の男性(68)宅で、午後6時15分ごろには向かいの棟の無職菅田民子さん(79)が自宅で、それぞれ倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。男性は「大樹さんが訪ねてきて『一緒に死んで』と言って切り付けてきたので逃げた」と話しており、和歌山県警は近隣同士のトラブルによる殺人事件の可能性があるとみて調べる。

 男性は左脇を切られる重傷。大樹さんは男性の部屋で、胸に包丁が刺さった状態で座り込むように倒れていた。