ドルトムント香川がアシスト ドイツ1部リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ヘルタ戦の前半、ゴール前に攻め込むドルトムントの香川(右)=ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグは11日、各地で行われ、ドルトムントの香川真司は敵地でのヘルタ戦にフル出場して0―1の後半10分に同点ゴールをアシストしたが、チームは勝ち越し点を許して1―2で敗れた。ヘルタの原口元気は後半ロスタイムまでプレーしたが得点には絡まなかった。

 アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠は0―3で敗れた敵地でのバイエルン・ミュンヘン戦で0―3の後半19分までプレーした。

 マインツの武藤嘉紀は1―2で競り負けたアウェーのダルムシュタット戦で1―2の後半37分から途中出場した。