トルコ外相の入国拒否 オランダ、対立激化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ロッテルダムのトルコ領事館前でエルドアン大統領の旗を掲げ、デモを行う人々=11日(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】オランダ政府は11日、空路オランダ入りしようとしたトルコのチャブシオール外相が乗った飛行機の着陸を許可せず、入国を認めなかった。外相はオランダ・ロッテルダムで予定されていたトルコ系住民によるトルコ・エルドアン政権支持集会に参加する予定だったが、集会も中止された。欧州メディアが伝えた。

 トルコのエルドアン大統領はオランダ側を「ファシスト」と厳しく非難。オランダのルッテ首相は「異常な発言。一線を越えている」と反発し、対立が激化している。