スノボHP女子、松本が2位 世界選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ハーフパイプ女子で銀メダルを獲得した松本遥奈=シエラネバダ(共同)

 【シエラネバダ(スペイン)共同】スノーボードの世界選手権は11日、スペインのシエラネバダでハーフパイプ(HP)決勝が行われ、女子は松本遥奈(クルーズ)が84・75点で2位に入った。この種目の日本勢の表彰台は2007年大会の山岡聡子以来。

 大江光(バートン)は77・00点で4位。蔡雪桐(中国)が90・75点で2連覇した。

 男子で2014年ソチ冬季五輪銅メダルの平岡卓(バートン)は90・00点で4位だった。スコット・ジェームズ(オーストラリア)が97・50点で優勝した。