国公立大後期日程始まる 18万4千人が志願

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国公立大2次試験の後期日程が12日、全国の大学で始まった。文部科学省によると、出願を受け付けたのは140大学445学部で、志願者は18万4227人。募集人員に対する志願倍率は昨年より0・2ポイント増の9・9倍だった。合格発表は20日から。

 国立大(74大学307学部)には13万9006人が志願し、倍率は0・2ポイント増の9・3倍。公立大(66大学138学部)は4万5221人が志願し、倍率は0・3ポイント増の12・4倍だった。