ゾウに打ちつけられ死亡、和歌山

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 飼育員が象の体を洗っていたおり=12日午後、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

 12日午前9時15分ごろ、和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で、タイ国籍の男性飼育員ウィチャイ・マディさん(37)=同町=がアジアゾウの体を洗っていた際、嫌がったゾウの鼻で鉄柵に打ちつけられ、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。白浜署が当時の状況を調べている。

 施設によると、アジアゾウは40歳の雌「ラリー」(体重3~3・5トン)。マディさんは開園前の午前9時ごろから、別の男性飼育員(53)とおりの中で洗浄作業をしていた。ブラシで横たえた体を洗っていると、ラリーが突然立ち上がってマディさんを鼻で押し、鉄柵に打ちつけたという。