河川敷に無線操縦ヘリ墜落、京都 2千平方メートル焼失

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日午後3時5分ごろ、京都市伏見区向島大河原の宇治川河川敷で、無線操縦のヘリコプターが墜落し、近くにいた男性が「ラジコンの機体が墜落して草が燃えた」と119番した。京都市消防局などによると、周囲のアシなど約2千平方メートルが燃えたが、けが人はなかった。

 伏見署が墜落の原因を調べている。

 現場は、同市南部を流れる宇治川の河川敷にある模型飛行場近くで、京阪本線中書島駅の南西。