3人一時心肺停止、回復 名古屋ウィメンズマラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 名古屋市東区のナゴヤドーム発着で12日に行われた名古屋ウィメンズマラソンなどに参加した女性3人が、一時心肺停止状態になった。いずれも自動体外式除細動器(AED)を使うなどして意識を取り戻し、命に別条はないという。

 大会本部によると一時心肺停止となったのはフルマラソンに参加した30代と20代の女性と、ハーフマラソンなどが実施された名古屋シティマラソンに参加した40代の女性。全員が病院に搬送され、うち2人は入院した。1人はこの日のうちに退院した。