「盗聴」の証拠提示要求 トランプ氏に重鎮議員

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米共和党の重鎮マケイン上院議員は12日、昨年の大統領選中、オバマ前政権に電話を盗聴されたと主張しているトランプ大統領について、証拠を示すよう求めた。オバマ前大統領の広報担当者や前政権の高官は盗聴を否定しており、トランプ氏は説明責任を果たすべきだとの声が高まっている。

 マケイン氏はCNNテレビのインタビューで「大統領は訴えを撤回するか、主張の根拠を国民に示すか、どちらかを選択しなければならない」と強調。証拠は容易に示すことができるはずだとし、言いっ放しでは「米政府に対する国民の不信につながる」と指摘した。