病気の緊急度サイトで判定 救急車を呼ぶ目安に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 総務省消防庁は、けがや病気の症状で緊急度を判定するサイトを開発した。スマートフォンなどでアクセスし、案内に従って病状や痛みの部位、強さなどを選んでいくと、救急車を呼ぶ必要があるかの目安を教えてくれる仕組み。3月末にも運用を始める。子どもの急な高熱など対応を迷うようなケースで参考にしてもらい、出動件数が増え続ける救急車が重症者に効率よく回るようにするのが狙い。

 サイト名は「Q助(きゅうすけ)」で、消防庁のホームページからたどれるようにする。