WBC、ドミニカと米国2次Lへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 11回、勝ち越しの2点適時打を放つドミニカのカスティーヨ=マイアミ(ゲッティ=共同)

 【マイアミ共同】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は12日、米フロリダ州マイアミなどで1次リーグが行われ、C組は前回覇者のドミニカ共和国がコロンビアを延長十一回、タイブレークの末に10―3で破り、3戦全勝で2次リーグに進んだ。

 米国はカナダに8―0で完勝し、2勝1敗で1次リーグ突破を決めた。コロンビアは1勝2敗、カナダは3敗だった。

 メキシコのグアダラハラでのD組はプエルトリコがイタリアに9―3で快勝し、3戦全勝で1次リーグを突破した。イタリアは1勝2敗。1勝1敗のベネズエラは2敗のメキシコと対戦。