マラソンの安藤「うぬぼれない」 名古屋での快走の一夜明け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 初マラソンで2位に入った名古屋ウィメンズマラソンから一夜明け、取材に応じる安藤友香=13日午前、名古屋市

 名古屋ウィメンズマラソンで日本勢トップの2位に入り、世界選手権(8月・ロンドン)代表の座をつかんだ安藤友香(スズキ浜松AC)がレースから一夜明けた13日、名古屋市内で取材に応じ「21分台で走れて良かったが、喜びすぎてうぬぼれてはいけない」と控えめに話した。

 初マラソン日本最高の快走に祝福の連絡が100以上届いたらしく「どうしよう」と驚いたという。好走した一方で、33キロ付近で3連覇したリオデジャネイロ五輪銀メダルのユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)に離され「ペースの変化に対応することがまだまだだった」と課題も見えた。