サウジの脱石油を支援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 安倍晋三首相、サウジアラビアのサルマン国王

 安倍晋三首相は13日、来日中のサウジアラビアのサルマン国王と官邸で会談し、石油依存からの脱却を進めるサウジの経済構造改革の支援に向けた協力強化を確認した。会談内容を踏まえ、両首脳は日本企業のサウジ進出を促す経済特区創設が柱となる合意文書「日・サウジ・ビジョン2030」を発表した。

 双方は、過激派組織「イスラム国」(IS)を念頭にしたテロ対策や、北朝鮮など東アジアの情勢についても協議した。

 サウジ国王の訪日は1971年以来46年ぶり。会談で首相は「歴史的訪日を心から歓迎する。中東の安定の要のサウジアラビアとの関係をさらに力強く前進させたい」と強調した。