NBA、キャバリアーズ首位堅持 43勝22敗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ロケッツ戦でダンクシュートを決めるキャバリアーズのトンプソン(中央)=ヒューストン(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは12日に第20週が終了し、2連覇を狙う東カンファレンス中地区のキャバリアーズが43勝22敗でトップを堅持した。南東地区は1位のウィザーズが5連勝で41勝(24敗)と白星を伸ばし、大西洋地区はセルティックスが42勝25敗で首位。

 西カンファレンスは既にプレーオフ進出を決めている太平洋地区首位のウォリアーズが3連敗で52勝14敗。同じくプレーオフ切符をつかんでいる南西地区のスパーズは51勝14敗。北西地区はジャズが41勝25敗で首位に立っている。