本の楽しさ伝え30周年 かいけつゾロリの原さん

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「かいけつゾロリ」の30周年記念発表会に登場した、原ゆたかさん(左)と岡田結実=13日、東京都内

 児童書シリーズ「かいけつゾロリ」の30周年記念発表会が東京都内で開かれ、原作者の原ゆたかさんとタレントの岡田結実が登場した。

 子どもの頃、本が嫌いな時期があったという原さんは「本が嫌いな子のために、本の楽しさを伝えたいと思って30年書き続けてきました」とあいさつ。「同年代と話すよりも、小学生とポケモンや妖怪ウォッチの話をする方が楽しい。まだまだ書き続けて、みんなの期待に応えたい」と意欲を燃やした。

 小学生の頃からゾロリのファンという岡田は、「ゾロリには、おやじギャグや謎かけがたくさん入っているので、父(お笑いタレントの岡田圭右)も読んで勉強してほしい」と笑わせた。

 原さんから、似顔絵を描いた巨大なクッキーを贈られると、「私とちょっと父を混ぜた感じで似ていると思います。(父のギャグの)ワーオをしてますね」と喜んだ。

 発表会では、4月26日~5月8日まで、日本橋高島屋で「30周年記念かいけつゾロリ大冒険展」が開催されること、今年冬に新作映画が公開されることなどが発表された。