「VX、韓国から搬入」と北高官 金正男氏殺害事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 13日、ニューヨークの国連本部で記者会見する北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使(共同)

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使は13日、殺害に猛毒の神経剤VXが使用されたとの情報が事実であれば、韓国から持ち込まれた可能性があると主張した。根拠は示さなかった。

 ニューヨークの国連本部で記者会見した。北朝鮮政府がマレーシアに派遣した代表団の広報担当リ・ドンイル氏は2日に「死亡した男性の死因は心臓発作の可能性が濃厚だ」との考えを示しており、主張にずれが生じている。

 キム次席大使は遺体が北朝鮮国籍の「キム・チョル」であると改めて強調した。