空き家で粘着テープ発見 石川、高1女子殺害事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 石川県能登町の県立能登高1年池下未沙さん(16)が殺害された事件で、遺体が見つかった同町の空き家に粘着テープが残されていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、このテープで池下さんを縛ったとみて調べている。

 県警は14日午後、事故死した信州大1年の男子学生(21)が事件に関与した疑いが強まったとして、長野県松本市の下宿先を家宅捜索する。

 捜査関係者によると、遺体は手を縛られた状態で発見され、抵抗する際にできる目立った防御創はなく、そのままの状態で殺害されたとみられる。