トランプ政権、初の閣議 行政効率化へ大統領令

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 初の閣議に臨んだトランプ大統領とマティス国防長官(右)、ティラーソン国務長官(左)=13日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、政権発足後初の閣議を開き、「この内閣は米国民に奉仕し、米国民を守る」と述べ、雇用創出や治安対策に向けて精力的に働く姿勢をアピールした。「行政府再編に向けた包括計画」と題した大統領令にも署名し、行政の効率を高めると述べた。

 トランプ氏は連邦政府で重複や余分な業務が多く、巨額の公費が「浪費されている」と批判。各政府機関の無駄や業務改善の可能性を調査する考えを示した。米紙ワシントン・ポスト電子版によると、トランプ氏は連邦政府職員の「歴史的な大幅削減」や公務員給与の引き下げを検討している。