次期米大使に日本同意 ハガティ氏指名近く発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ウィリアム・ハガティ氏(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権が、次期駐日大使に起用する親日派の実業家ウィリアム・ハガティ氏(57)について、日本政府から同意(アグレマン)を得たことが13日分かった。近く、トランプ大統領による指名人事を発表する。複数の日米外交筋が明らかにした。ハガティ氏は上院の承認手続きを経て、オバマ前政権2期目で大使を務めたキャロライン・ケネディ氏の後任に就く。

 アグレマンは大使などの派遣に関する受け入れ国の事前同意。ハガティ氏はトランプ政権下の新たな日米関係構築を担い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設などの懸案と向き合う。