稲田防衛相、答弁撤回し謝罪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 衆院本会議で参院予算委での答弁を撤回し、謝罪する稲田防衛相。奥は安倍首相=14日午後

 稲田朋美防衛相は14日、参院予算委員会理事会で、大阪市の学校法人「森友学園」が2004年に起こした民事訴訟の原告代理人弁護士として出廷したと示す裁判所作成の記録があったことについて「裁判所の記録は確かなので、私の記憶違いだと思う」と、自民党理事を通じて説明した。稲田氏は13日の予算委で訴訟に関与していないと答弁しており、14日午後の衆院本会議でこの答弁を撤回し、謝罪した。

 進退については「今後とも誠心誠意職務に当たる」と辞任を否定した。稲田氏は13日、学園理事長退任の意向を示している籠池泰典氏との関係を巡り「裁判を行ったこともない」などと答弁した。