天皇陛下、サウジ国王と昼食 皇居・御所に招き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 昼食会に訪れたサウジアラビアのサルマン国王(左)を出迎えられた天皇陛下=14日午後、皇居・御所(代表撮影)

 天皇陛下は14日、来日しているサウジアラビアのサルマン国王を、住まいの皇居・御所に招き、昼食を共にして懇談された。

 御所の車寄せで出迎えた陛下は、笑顔で歩み寄り、国王と握手を交わした。国王は「第二の故郷の日本に来られてうれしいです」と話した。

 サウジ国王の来日は46年ぶり。12日に日本に着いたサルマン国王は13日、安倍晋三首相と会談し、日本企業の進出を促す経済特区をサウジに創設することを柱にした「日・サウジ・ビジョン2030」を公表した。15日まで滞在する。