天台宗宗務総長に杜多氏 東京・大泉寺住職に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 天台宗宗務総長に任命された杜多道雄氏(天台宗務庁提供)

 天台宗(総本山・比叡山延暦寺、大津市)は14日、新宗務総長に大泉寺(東京都台東区)の杜多道雄住職(72)を選出し、正式に任命した。宗務総長は天台宗の運営面を取り仕切るトップの役職で、任期は同日から4年間。

 杜多氏は東京都台東区出身で、天台宗布教師会長や総務部長を歴任した。立候補を届け出たのは杜多氏だけで、無投票だった。

 今年1月に健康上の理由から任期途中で辞任することを表明していた木ノ下寂俊前宗務総長は14日付で退任した。