「串かつだるま」の幹部書類送検 不法就労助長などの疑い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府警天王寺署は14日、外国人留学生らに法定時間を超えて長時間労働させたとして入管難民法違反(不法就労助長)などの疑いで、人気飲食店「串かつだるま」を運営する「一門会」(大阪市浪速区)の上山勝也社長(55)ら幹部6人と、法人としての同社を書類送検した。

 同社の送検容疑は2015年9月~16年11月、大阪市内の5店舗で、ベトナムやネパールからの留学生ら17人を雇用し、国が上限に定める週28時間を超えて働かせるなどした疑い。

 天王寺署によると、上山社長は「法律に対する認識が甘かった」と容疑を認めている。