「最初に見た人殺そう」 トイレ前で待ち伏せか、神奈川

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 神奈川県大磯町の県立大磯城山公園で13日夜、無職吉川友義さん(44)が金属パイプで殴られ殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同町の会社員後藤優容疑者(32)が「最初に見掛けた人を殺そうと思い、十数回殴った」と供述していることが14日、大磯署への取材で分かった。

 署は、後藤容疑者が実際に公園内で最初に見掛けた吉川さんを公衆トイレの前で待ち伏せし、出てきたところを金属パイプで突然襲い掛かったとみて調べている。

 署によると、後藤容疑者は13日午後6時45分ごろ「人を殺した」と110番。吉川さんが現場で頭から血を流して倒れているのが見つかった。