シャープ、国内体制強化へ 戴社長、人員削減を否定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インタビューに応じるシャープの戴正呉社長=14日、堺市

 経営再建中のシャープの戴正呉社長は14日、共同通信のインタビューに応じ、液晶パネルを扱う亀山工場(三重県亀山市)の人員を増やすなど、国内工場の生産体制を強化する考えを示した。国内拠点での人員削減も明確に否定した。業績改善に向け、海外子会社の統廃合などを通じ、経営合理化を進める方針を強調した。

 戴社長は亀山工場を「液晶分野で一番重要な拠点だ」と指摘。社長就任後に約250人増員し、数年内にさらに250人程度の技術者を確保する。注力する次世代パネル「有機EL」の開発にも充てる考えだ。