ACL、鹿島快勝で首位に浮上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 サッカーACL1次リーグ鹿島―ブリスベン 前半、先制ゴールを決め喜ぶ鹿島・鈴木(右)=カシマ

 【広州共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、E組の鹿島はカシマスタジアムでブリスベン(オーストラリア)に3―0で快勝し、2勝1敗の勝ち点6で首位に浮上した。G組の川崎は敵地で広州恒大(中国)と1―1で引き分けた。3分けの勝ち点3で3位、首位の広州恒大は同5。

 鹿島は前半、鈴木のゴールで先制。後半には植田と遠藤が加点した。川崎は1点を追う試合終了間際に小林がPKを決めて追い付いた。

 E組で前節首位のムアントン(タイ)は蔚山(韓国)と0―0で引き分けて勝ち点5とし、蔚山は同4。