宮城県警警部補を逮捕 危険ドラッグ購入疑い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 近畿厚生局麻薬取締部は15日までに、危険ドラッグを購入したとして、医薬品医療機器法違反の疑いで、宮城県警南三陸署交通課長の警部補三浦章容疑者(52)=同県石巻市=を逮捕した。

 逮捕容疑は2月、自宅に郵送で届いた指定薬物を含む粉末約0・5グラムを購入した疑い。逮捕は14日。

 取締部によると、「間違いない」と容疑を認めている。2月に同法違反容疑で逮捕した密売人の男(41)の供述から関与が浮上した。