稲田氏に公明党幹事長が苦言 森友問題「慎重に答弁すべきだ」 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 参院予算委で民進党の杉尾秀哉氏(右手前)の質問に答弁する稲田防衛相=15日午前

 公明党の井上義久幹事長は15日、自民党の二階俊博幹事長との東京都内での会談で、稲田朋美防衛相が大阪市の学校法人「森友学園」を巡る自身の答弁を撤回したことに苦言を呈した。「防衛相という重責を担っている。答弁の重みを考え、慎重に答弁すべきだった」と指摘した。稲田氏は同日の参院予算委員会で「虚偽答弁をしたとの認識はない」と強調した。

 井上氏の発言に二階氏も理解を示し、同席した自民党の竹下亘国対委員長が稲田氏に伝えることを確認した。

 予算委では、財務省の佐川宣寿理財局長が森友学園に対し、国有地返還とともに校舎の解体、撤去を求める方針を明らかにした。