北朝鮮で日米韓に対話要求

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 全人代が閉幕し、記者会見に臨む中国の李克強首相=15日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】中国の李克強首相は15日に全国人民代表大会(全人代)閉幕後に記者会見し、北朝鮮による核・ミサイル開発で緊迫する朝鮮半島情勢について「緊張が衝突を招き、各国が傷つきかねない」と危機感を示し、日米韓に対話による解決を進めるよう求めた。

 国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議について「中国は全面的、厳格に履行しており、常に核不拡散体制の断固とした擁護者だ」と述べる一方、「誰も自分の家の前で騒ぎが起きることを望まない」と指摘、北朝鮮を巡るさらなる混乱への懸念を示した。

 米中間で貿易戦争が起きれば「真っ先に損害を受けるのは米国企業」との見方を示した。