将棋、久保が王将に復位 郷田は無冠に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 久保利明王将

 将棋の第66期王将戦7番勝負の第6局は14、15の両日、浜松市で指され、挑戦者で先手の久保利明九段(41)が99手で郷田真隆王将(45)を破り、対戦成績4勝2敗で6期ぶり、通算3期目の王将位を獲得した。

 久保王将はこれまで王将のほか、棋王を3期獲得しており、通算タイトル数は6期となった。今シリーズは、3連勝後に2連敗して足踏みが続いたが、最後は得意の振り飛車で押し切った。

 郷田前王将は3連覇を逃し、無冠となった。